中洲の風俗があれば元気を保てる

 >  > ひと月に一度の楽しい風俗体験

ひと月に一度の楽しい風俗体験

今の私にとって月に一度の楽しみになってきてる風俗体験。今回利用したのは近くの風俗街にあるピンサロで、前にも何回かフリーで利用したことのあるお店だったので気軽に利用できますね。勿論この時もフリーによる入店で今回の場合特に私好みの子が沢山在籍してたから基本的に外れと言えるような子はいなかったです。今回お相手してくれたのは長い髪が魅力的なJさんで、心地いい石鹸の香りが清潔感を感じさせてくれます。飲み物は基本的にノンアルコールの物を注文しているので二人揃ってウーロン茶やオレンジジュースを一緒に頼みました。お楽しみのトークタイムでは最近だと特に映画関係の話題に持ちきりで、Jさんも普段は映画などを見て休みを過ごしているようだから結構話が盛り上がりましたよ。当然その後のサービスタイムも抜かりはなく、Jさんの柔らかい手のひらであっという間に極楽気分を満喫。もう少しだけ長く遊んでいきたかったので久しぶりに時間延長を申し込んじゃいました。次来るときのJさんのような優しい感じの子に出会いたいですね。

お金ではなく、気持ち重視が風俗

お金を払って楽しむのが風俗ではあるんですけど、個人的に思うのは「お金を払ったんだから楽しませろ」ってスタンスでは楽しめるものも楽しめないんじゃないかなとは思いますよね。もっと自分でやってもらいたい事をしっかりと伝えるっていうか、自分自身も協力的になる事こそが風俗を楽しむ上での秘訣のようなものなんじゃないかなって思うんですよ。これはもう風俗云々っていうよりも相手にだって気持ちがあるっていうか、機械相手にサービスを受ける訳ではないんですから、その点もしっかりと意識しなければならないのは当たり前の事なんじゃないかなって思いますしね。だから気持ちの面でも結構大切っていうか、女の子の事も考えてのめり込むくらいになった方が実際の所かなり気持ち良いプレイを楽しむ事が出来るようになるんじゃないかなって思いますけどね。まぁそれがなかなか簡単ではないっていうか、慣れていないと難しいって感じる部分だとは思いますけどね。

[ 2016-04-07 ]

カテゴリ: 風俗体験談