中洲の風俗があれば元気を保てる

 >  > JKコスプレが似あいすぎる風俗嬢

JKコスプレが似あいすぎる風俗嬢

以前から気になっていた風俗嬢がいたので電話にて予約し他。風俗店について爪のチェックをうるさく言われたけど最近はどこも厳しくなったような気がする。近くのレンタルルームに入って、風俗店へ連絡して女の子が来るのを待った。待ってる間に服を脱いでおくのはこっちの仕事だ。ドアをノックする音がしたので、少し開けて、風俗嬢からポーチを受け取って一人でシャワーを浴びる。上がってみると部屋の照明が暗くなっていて、それが準備ができた合図なんだ。シャワーから出ると、JKコスを着て指定のポーズで女の子が待っています。アイマスクをしていても可愛いのがわかるね。それにしても、この指定のポーズというのが、M字開脚だからね。仕事とはいえこれはかなり恥ずかしいよ。ポーチの中にはペンライトが入っているので、スカートをめくって中を覗いてさらにパンティの上からおまんこラインをさわさわしたりといろいろと心ゆくまで悪戯してみた。たまらず股間に顔を突っ込んでおまんこ臭を嗅いで、舐め倒したよ。女の子はとってもおとなしくて、緊張しているのか時に小刻みに振るえるのがたまらない、それがまた素人っぽいんだよ。リアルJKとエッチしている感覚になってものすごくエキサイトした。

可愛い風俗嬢と一緒に添い寝して満足

仕事の途中ですが少しの間に時間の空きが出来たのでその間はお気に入りの風俗で時間を潰してきました。今回私が利用したお店は俗にいうピンキャバと呼ばれている部類の風俗店で、平日ということもあって40分間3000円で楽しめましたね。当然昼間以降の利用なので女の子の出勤数はそんなに多くはなかったものの、今回は少し大人っぽい感じの子に出会えたから特に文句は出ませんでした。大人っぽいとは言うもののお相手してくれた女の子Kさんは私よりも10歳くらい下だから驚き。それでもトークや仕草なんかは年相応の可愛らしい場面が見られたからどちらかというと素のKさんの方が好みかな。ウーロン茶を頼んで一通り楽しいトークを繰り広げた後は添い寝をしながらのトークに突入。普段あまり女の子と一緒に添い寝なんてしないからいつもとは違ったドキドキ感が感じられて楽しかったです。残念ながら終了時間が着てしまったので今回はここまでとなりましたが、Kさんの方は夜の方のスケジュールも開いているとのことなので、今度時間があるときにまた来店してみたいと考えてます。

[ 2016-02-16 ]

カテゴリ: 風俗体験談